窓辺の日記帳

2020.05.28更新

リビング・アフター

 

今回のお施主様は。新築時に取り付けたカーテンが古くなったので思い切ったイメージチェンジをなさりたい、可能ならばスワッグアンドテールを!とのご希望でした。

そこでご提案させていただいたのは・・・

①リビングダイニングのレールの取付高さを思い切って高くし、存在感を出すこと

②既存のアイアンレールを活かして、スカーフタイプのスワッグアンドテールを製作すること

でした。まずはビフォー・アフターをご覧ください

 

リビング

200529

 

リビング アフター

 

ダイニング

ダイニング ビフォー

 

ダイニング アフター

 

生地はダマスク柄。やや薄手の生地でしたので、スワッグとテールにはボリュームを出すために同色無地のウラ地をつけています。

またレースは綺麗なドレープが出やすいジョーゼットタイプを選びました。

 

ダイニング アフター

 

和室もシングルタイプのプリーツスクリーンからツインスタイルに変更しました。

寝室

 

2F寝室はLDで余ったアイアンレールを活かしてカーテン+シェードを製作しました。

2F寝室

 

いかがでしょう?まるでどこかの大使館の貴賓室のような格調高い空間になり、もちろんお施主様にも大変喜んで頂きました

 

当社ではカーテンのお掛け替えの際にも、お施主様のご満足をより高めるご提案をさせて頂いています。

お気軽にご相談くださいね! お待ちしています。

 

生地:サンゲツ、シンコール

レール:TOSO

メカ:ニチベイ

福岡市西区 I 様邸

 

 

 

投稿者: 株式会社ロイヤル・インテリア

2020.05.15更新

お問い合わせ急増中 ↑ の調光ロールスクリーン FUGA(フーガ)

今回はその魅力を動画でご紹介させていただきますね。

 

 ●標準タイプ(手動)取付時の動画です。お施主様に撮影して頂きました。
スラット(羽根)を開いたまま巻き上げることができる機能は他社製品にはなく、高ポイントですね!

またメカ部分が小さめなので、カーテンボックスや窓枠内に無理なく収まります。

 

OPEN

FUGA

 

CLOSE

FUGA

 

UP

FUGA

 

ドレープカーテンとレースカーテン、ブラインドとロールスクリーン両方の機能を併せ持つ高機能商品。

ファブリック素材特有の柔らかさが多くのインテリアシーンにマッチする、美しいアイテムです。

国内生産で高品質、アフターサービスも万全ですし価格もお手頃です。

 

 

福岡市南区 I 様邸

 

 

●こちらは電動タイプのご紹介です。

高所窓に対応するため、電動タイプを採用頂きました。

 

 

FUGA電動

 

FUGA電動

 

FUGA電動

 

FUGA電動

 

福岡県 I 様邸

 

 

 

投稿者: 株式会社ロイヤル・インテリア

2020.03.05更新

200305和モダン

完成したばかりの美しい大きなお住まい。古い商家が並ぶ街並みに溶け込んだ佇まいです。

このお宅のウインドウトリートメントのご提案は・・・

200305和モダン

 

200305和モダン

メインのリビングは麻のような生地のレースでシャープシェードを。全体のバランスを考えて久留米絣風の藍色の素材で左右にドレープカーテンを配置しました。

このシャープシェードですが、障子の様な雰囲気を出すために一工夫。シャープバーは普通透明のバーを選ぶことが多いのですが、ここでは透過性のないものを選択。

ヨコのラインがくっきりと映えて、より障子を思わせるテイストになりました。

 

リビングに接するダイニングや階段室も同じ素材の組み合わせでシャープシェードをご提案しました。

白い漆喰壁+古木のようなダークブラウンの空間にアクセントとして加えたのが藍色です。

200305和モダン

 

200305和モダン

 

200305和モダン

 

寝室は遮光生地のプリーツスクリーン(ツインタイプ)

200305和モダン

 

子供室にはグレー系のドレープ+レースをしつらえました。

200305和モダン

 

おうち全体の様子も見せていただきましょう

200305和モダン

 

200305和モダン

 

200305和モダン

 

200305和モダン

 

200305和モダン

 

200305和モダン

 

八女市 T様邸

 

投稿者: 株式会社ロイヤル・インテリア

2019.04.07更新

マンションは天井が低かったり、カーテンボックスが設置されていたり・・と思い通りのウィンドゥトリートメントが出来にくいケースも多いですよね。

それでもスワッグ アンド テールをあきらめたくない! ・・それならこのスタイルはいかがでしょう?

カーテンボックスを活用して、ダマスク柄の生地でスワッグバランスをお納めしました。採光を妨げない高さで作られています。

 

オーストリアンスワッグアンドテール

 

オーストリアンスワッグアンドテール

 

早良区N様邸

 

 

投稿者: 株式会社ロイヤル・インテリア

2019.01.14更新

中心街天神に程近い福岡市中央区薬院のマンションです。

フロントレースに使ってみたいとずっと気になっていた黒いレース生地。今回はこれをリビングにお勧めさせていただきました。

お客様は既に黒いソファとテーブルを設置済みでこの調度に合う、個性的でありながらも飽きのこないカーテンを探しておられたとの事。

大きな窓はヒダ無しフロントレース、その後ろにグレーベージュの光沢ある生地でヒダを少なめに仕立てたドレープカーテンをお作りしました。

小さいほうの窓はレースを前にしてツインシェードを製作。

後のドレープ生地の幕から透過する光で、黒いレースの美しいデザインが引き立つと思われませんか?

リビング

 

掃出窓

 

ツインシェード

 

後幕(ドレープ)をOpenにすると・・・いかがでしょう?

束ねたドレープカーテンにはタッセルを使用せず、レールとランナーにマグネットストッパーを取り付けてストレートなラインが出るように工夫をしました。

後幕をタッセルでまとめるのってちょっと面倒ですしネ

 

後幕Open時

 

後幕Open時2

 

夜はこんな風に遊ぶこともできます。これ、お施主様のアイデアなんですが、なかなかのアーバンテイストですね。渋いです!

 

夜 カーテン

 

共生地で2枚重ねのクッションもお納めしました。

 

共生地クッション

 

個室はシンプルにバーチカルブラインドとべネシャンブラインドで

 

バーチカルブラインド

 

ブラインド

 

 

生地:サンゲツ

ブラインド:ニチベイ、タチカワ

中央区T様邸

 

投稿者: 株式会社ロイヤル・インテリア

2018.12.09更新

福岡市中央区のマンションにお住まいのお施主様。リフォーム後にカーテンを納めさせていただきました。

玄関ドアを開けると、開け放ったリビングのドア越しに個性的な柄が目に飛び込んできます。

玄関から

 

お施主様ご希望のインテリアスタイルはアンティークなクラシックとモダンスタイルのミックス。

何とかご希望の生地が入手できました。

柄を生かすためにヒダ倍率は低く仕上げています。

レースは光沢のあるシルバーグレーのボイル生地で。

ダイニング

 

リビングからダイニング方向を

 

リビング壁側

 

リビング ダイニング側から

 

存在感あるドレープ生地は輸入品(ポルトガル製)です。

 

福岡市中央区M様邸

 

 

 

 

投稿者: 株式会社ロイヤル・インテリア

2018.11.02更新

お施主様のご希望は「クラシックなスタイルを保ちながらも、お気に入りの照明器具に合うクールでモダンな印象をも併せ持ったウィンドウトリートメント」でした。

ご覧ください、フラットバランスやシェードはどこにもないオリジナルデザインのものになりました。

スクエアなトリミングをあしらったカーテンバランスとシェードで、狙った効果をうまく出せたと思いますがいかがでしょうか?

リビング掃出窓小窓

 

掃出窓バランス

 

リビング小窓

 

リビングから見た階段室高窓

 

階段室にはレース生地でトリミング付のスワッグアンドテール

階段室高窓

 

2Fホールはトリミング付フラットのカフェレースを

2Fホール小窓

 

その他各室もご覧ください

洋室

 

三連小窓

 

寝室

 

また玄関脇の小窓にはアクセントとしてオリジナルデザインのボトムとキータッセルを付けたシェードを用意しました。

玄関

 

伝統的なクラシックとモダニズムの合流。

クラシックスタイルの中でも最先端(トレンド)と言われるコーディネートです。

お施主様のご希望どおりに仕上がり、ご満足いただけてホッとしました。良かったです~

 

生地:サンゲツ、スミノエ

トリミング:サンゲツ

福岡市H様邸

投稿者: 株式会社ロイヤル・インテリア

2018.10.19更新

古賀市のお客様からブラインド類のご相談を頂きました。

傾斜天井の広々としたリビングにはできるだけ高い位置からバーチカルブラインドを、ダイニング部分には似通ったテイストの調光ロールスクリーンをお勧めしました。

調光ロールスクリーンと言いますのは、レースのカーテンのように普段は外の景色が透けて見え、西日が入る時間帯には光をさえぎることができるすぐれものです(→コチラ

リビング

 

リビング2

 

大胆なモダンテイストの和室には、シンプルなホワイトのプリーツスクリーンを選びました。

和室

 

アクセントクロスにリリカラ社の「KIOI」を使った階段室は、あえて窓はそのままで。

階段室

 

書斎はシャビーなウッドブラインドをチョイス。

軒のない南向き窓にブラインドは最適です。

書斎1

 

書斎2

 

 

ロールスクリーン:WIS

ブラインド:タチカワ、ニチベイ

古賀市K様邸

 

投稿者: 株式会社ロイヤル・インテリア

2017.10.25更新

存在感のある家具類を引き立てるため、遠目には無地に見えるゴールド系のダマスク柄生地で、スワッグアンドテールをお仕立てしました。

スワッグアンドテール

 

リビングシェード

腰高窓には同じ生地のフリルなしのフラットバルーンシェードを。

ご覧の3つの窓、手前の大きな窓二つには2スワッグ、奥の小さい窓には1スワッグでバランスを取っています。

 

リビング右手奥

 

ライティングの元では一層ゴージャス感がアップします。

夜の写真もご覧ください。

夜1

 

夜2

 

玄関や吹抜、そしてカーテン生地で作ったベッド天蓋もカメラに収めさせていただきました。

ホール

 

上から

 

天蓋

 

廊下

 

ゴージャスを極めた華やかなお住まいですね。

 

生地:五洋インテックス、キロニー

佐世保市N様邸

 

 

投稿者: 株式会社ロイヤル・インテリア

2017.02.14更新

お施主様は福岡市にお住まいのシニア世代のご夫婦。クラシック、エレガント・・と色々なインテリアを経験されてきたお二人。今回、そのゴールとも言えるインテリアを完成されました。
言わば、「ひとクラス上のモダンスタイル」。
しっかり練られたインテリアコンセプトから選ばれた家具・調度、それにリンクさせたカーテン・ウィンドウトリートメントをご覧ください。

ところで、「ひとクラス上」とお聞きになって、どんなことをイメージされますか?
「要はお金がかかってるってコトでしょ?」と思われた方!
う~~ん。たしかにそうとも言えますが、一番のポイントは「ハズシ(外し)」の上手さだと私は考えてます。
一つのスタイルで固めてしまうのではなく、一見、ミスマッチ?と思えるようなアイテムをカラーリングを考えながら調和させ、相乗効果を演出するテクニックです。
絨毯・家具・照明も一見テキトーに置かれてるみたいに見えて、実は計算の上。

さて、このモダンリビングを色々な方向から写真に収めました。余計なコメントはここまでにして、 じっくりご覧くださいね。



















↓ 寝室はダーク系で。シティホテルのような雰囲気ですね。



↓ お嬢様のお部屋は他室とはうってかわって、白を基調としたエレガントスタイルをチョイス。
レースはフリル無しで甘すぎないバルーンシェードです。
バランスを取るためにドレープの丈は床までにしています。



中央区M様邸




投稿者: 株式会社ロイヤル・インテリア

前へ

entryの検索

ロイヤル・インテリア ROYAL・INTERIOR 0120-969-774 通常ダイヤル 092-407-0771 メールでお問い合わせはこちらロイヤル・インテリア ROYAL・INTERIOR 0120-969-774 通常ダイヤル 092-407-0771 メールでお問い合わせはこちら

1分間でわかる
ロイヤル・インテリア

  • 出張採寸・コーディネートからお見積りまで 完全無料 ロイヤル・インテリア ROYAL・INTERIOR 0120-969-774 通常ダイヤル  092-407-0771 お問い合わせ
  • ブログ 窓辺の日記帳
MENU
HOME
キャンペーン情報
初めてご利用の方へ
ロイヤル・インテリアのカーテン
商品と価格表
大好評!クロス張替え
ロイヤル・インテリアのリフォーム
ロイヤル・インテリアの願い
よくあるご質問
会社概要