窓辺の日記帳

2016.03.06更新

和室をモダンに、素敵にしたい。雰囲気をかえてみたい・・・

それならこんなのもありますよ!
・・・ということで、最近お納めした事例を二つご紹介します。
 
↑ ひとつ目はシャープシェード。
綿和布調の生地に、タタミの縁や襖縁をイメージした光沢感のある生地でトリミングを施してみました。濃色が空間に凛とした印象を与えています。
 
拡大


ファブリック:サンゲツ
福岡市早良区N様邸

 
次はこちら↓
本物の岐阜手漉き和紙で作られたシャープシェードです。かなり趣味性の高い品で、一時期、惜しまれながらも生産を中止していました。いま現在は問題なく供給されています。
 


生地拡大      
     

和紙シェード:モルザ
福岡市中央区T様邸


いかがでしょう?
いずれも最近の主流になっている"プリーツスクリーン"とはまた違って、こだわりの「和」を現代的に表現できているのでは、と思います。

和室に一捻りをお考えの方、お気軽にご相談ください。
 
           
           
           

投稿者: 株式会社ロイヤル・インテリア

2015.06.02更新

今日のお住まいは昔ながらの工法で作られた、新築和風住宅です。
私が採寸・コーディネートに初めて伺った際、その外観を見て、「古いお住まいをリフォームされたんですね?」と、うっかり聞いてしまったほど。徹底した出来栄えでした。↓
ゆっくりと時間の流れる、ふるさとの実家のような落ち着きを感じますね。
↓ 緑豊かな玄関アプローチ


 
← 玄関を入ると広い土間があります。
手漉き和紙を思わせるプリーツスクリーンがぴたりと決まっています。



↓ 玄関を上がるとタタミがあり、奥には坪庭が見えます。 同じくプリーツスクリーンで。

↓ リビングにはシャープシェードを選択。 横のラインが障子のようで和のテイストを強調しています。
 

 
シェードの生地を拡大しました。→
昔ながらの綿和布を思わせる素朴な生地を選んでいます。
シャープシェードを上げるとひだ無しのレースカーテンが見えます。


レース生地の拡大。
手紬の麻を思わせる質感のものを選びました。
純和風のインテリアには、たっぷりとヒダのあるカーテンよりも、こんなシンプルなヒダ無しのほうが相性がいいですね。


↑ 1Fから吹き抜けを見上げています。
 
↑ 2Fホール。 プリーツスクリーンを採用。
窓枠の形にもこだわりが・・。
 
↑ 寝室や子供部屋は明るいグリーンのカーテンで。



福岡市東区F様邸
 

投稿者: 株式会社ロイヤル・インテリア

2014.03.18更新

佐賀県唐津市の古民家再生住宅から、窓廻りのご相談をいただきました。
ダークな柱や太い梁を生かしたお住まいを、和モダンテイストで仕上げるコーディネートです。 リビングに続く畳コーナーには、ご覧のような和柄のシェードを採用。 お部屋がぐっと引き締まり格調高くなりました。 
 

寝室にはブルーグレーのシェードとカーテンを。 
「建具の色や屋外のグリーンが映える!」と、こちらも大変喜んでいただけました。
 
また60歳代のご主人様の書斎には、穏やかなグリーンのロールスクリーン。(写真上右)
社会人のお嬢様のお部屋は、建具のダークブラウンと相性のいいオレンジの大きなストライプ柄のカーテンです。(写真下左)
 

本物の太い梁をそのまま生かした、素晴らしい空間構成のお住まいでした。
(写真上右と写真左)
     

 
唐津市 I 様邸
      シェード:サンゲツ
           ロールスクリーン:ニチベイ
       カーテン:シンコール
    レール:TOSO

投稿者: 株式会社ロイヤル・インテリア

2013.01.14更新

白い障子紙色のプリーツスクリーンを多用した、福岡市西区のナチュラルモダン和風のお住まいをご紹介します。空間構成もさることながら、照明器具の配置に感動しました。 器具の一点一点はごく普通の品物ですが、建物を引き立てる配置が絶妙ですね。
 
LDのプリーツスクリーンはツインタイプの連装。操作が簡単なワンチェーンタイプです。  
読書コーナーや階段室はシングルタイプで。  
                                        
                                     福岡市西区H様邸
                                   プリーツスクリーン:ニチベイ
 
                                   設計施工 永代ハウス㈱様  

投稿者: 株式会社ロイヤル・インテリア

2012.04.08更新

image1
久留米市郊外、耳納連山を望む田園地帯に建つ伸びやかなお住まいから、ご注文を頂きました。まずはその上質なたたずまいと屋内どこから見ても絵になる空間構成をご覧ください。


 
BEFORE   AFTER
LDに接した大型収納スペースは、大型のプリーツスクリーンを使って扉がわりの目隠しにしました。クローゼットタイプの扉より柔らかな印象で、開閉のためのスペースもいらず、機能性の点でも成功でした。
 
BEFORE   AFTER
玄関ホールの地窓にも、和紙調のプリーツスクリーンを入れました。自然光を乱反射して、穏やかな光で空間全体を満たします。

image1 image2

子供部屋、寝室その他ほとんどの窓は、シンプルにロールスクリーンを選択。和のテイストにぴったりと調和しています。

日没後の情景。
暖かい光に郷愁さえ誘われる美しさです。
建具が全て収納でき、開口部が100%生かせる設計が生きていますね。 施主様と建築家さんの思いが見事結実!という感じです。



 浮羽町T 様邸
プリーツスクリーン・ロールスクリーン:タチカワ










































投稿者: 株式会社ロイヤル・インテリア

2011.01.11更新


和風モダンでナチュラルな雰囲気になさりたいお客様に、ベージュ系や柿渋色、藍色はよくお勧めする色ですが、今回はダークグリーンでまとめました。
ご覧ください、結構良いでしょ?
レースは、すべての窓でヒダ無しを採用。
スタイリッシュなうえに生地代も節約できました。 


 


和室はプリーツスクリーンのアップダウンスタイル(上も開くタイプ)。これ、前にもご紹介しましたが、すごく使い勝手がいいんですよ。

こそっとお知らせしますが、このお宅のカーテン、2階の寝室や子供室も含めて、丸ごとなんと16万7千円でできました。






F様邸
ファブリック:サンゲツ、リリカラ
レール:タチカワ
プリーツスクリーン:ニチベイ
設計:永代ハウスさん

投稿者: 株式会社ロイヤル・インテリア

2010.10.30更新

image1 image2

築120年の民家を再生されたお客様のカーテン、カーペットを担当させて頂きました。太い柱、梁はそのままに、モダンとレトロが、和と洋が融合したハイセンスなLDKです。このまま文化財になりそう。福岡郊外にあります。」
窓廻りののファブリックは大柄のスペイン製生地で、シャープシェードを作りました。日本の古民家に何故かピッタリ調和するスペイン製生地。面白いですね。
 ヴィヴィッドな赤のシステムキッチンが効いています。


 
 
 
 

 同じお住まいのくつろぎスペース。やはり天井は120年前のまま。オーダーされた家具に合わせて、大柄のカーペットをお勧めしました。
大正から昭和初期にかけてのお屋敷風レトロモダンです。
image1 image2
 

 


同じくリフォームされた奥様のスペース。ブルー、ホワイト、ラベンダーで、こちらはぐっとエレガントに決めてらっしゃいます。


 
image1 image2

おまけ。このお屋敷のすぐそばにコスモスのお花畑が広がっていて、思わず「カシャ」。秋ですね~。


シェード: サンゲツ
ラグ: 東

投稿者: 株式会社ロイヤル・インテリア

2010.07.29更新




これ、何に見えますか?



玄関正面の漆喰壁にていねいに塗り込まれたホンモノの稲穂(!)です!



同じ生地でのドレープ。
1.5倍ヒダでの提案です。


 



同じ生地でのドレープ。
1.5倍ヒダでの提案です。


 



和室はツインタイプのプリーツスクリーンで。









建築:永代ハウスさん
ファブリックス:リリカラ
プリーツスクリーン:ニチベイ

投稿者: 株式会社ロイヤル・インテリア

2010.07.26更新

 マンションLDのカーテン掛け替えを、というご依頼でした。
以前はロマンチックな感じがお好きで、イエロー系のドレープに花柄の華やかなレースをお使いでしたが、年齢とともに家具のお好みも和モダン系に変わってこられたとのこと。
 今回は、少し和っぽい織りの生地で、ハイコントラストのボーダーカーテンを作られました。

image1 image2

ちょっとした工夫ですが、舟形タッセルはリバーシブルで作ってみました。季節によって使い分けを楽しめますよ。


 
東区 F様邸
ファブリックス:サンゲツ

投稿者: 株式会社ロイヤル・インテリア

2010.07.26更新

瓦のカーブと独特の和テイストが印象的なお宅。
写真では小さく感じますが、実際はもっと大きいです。
image1 image2
 






玄関ホール。
広大です。


 



ホールから内部を見たところ。
プリーツスクリーンは、全てツインタイプです。


 



ダイニングです。
260cmの横幅を1本で処理できるプリーツスクリーンは、あまりないんですよ。





失礼、トイレを拝見。
採光のための地窓が、ちょっとレトロですね。






久山町 N 様邸
プリーツスクリーン:
         タチカワ

投稿者: 株式会社ロイヤル・インテリア

ロイヤル・インテリア ROYAL・INTERIOR 0120-969-774 通常ダイヤル 092-407-0771 メールでお問い合わせはこちらロイヤル・インテリア ROYAL・INTERIOR 0120-969-774 通常ダイヤル 092-407-0771 メールでお問い合わせはこちら
  • 出張採寸・コーディネートからお見積りまで 完全無料 ロイヤル・インテリア ROYAL・INTERIOR 0120-969-774 通常ダイヤル  092-407-0771 お問い合わせ
  • ブログ 窓辺の日記帳
  • クロス張替え福岡.com ロイヤル・インテリア
MENU
HOME
キャンペーン情報
初めてご利用の方へ
ロイヤル・インテリアのカーテン
商品と価格表
大好評!クロス張替え
ロイヤル・インテリアのリフォーム
ロイヤル・インテリアの願い
よくあるご質問
会社概要